平成30年度「スポーツ医学コース」

ニュース 初期臨床研修

平成30年度の「スポーツ医学コース」

このコースは、「整形外科」または「循環器内科」を8週間ローテートしている研修医が、その最後の1週間を「スポーツ医学コース」として選択できる、国内では他に例を見ない研修システムです。

チームドクターとして、スポーツ現場で選手を診る際に必要となる知識を身に付けます。実際のスポーツ現場での実践指導を始め、臨床各科におけるスポーツ医療の実際や、スポーツ栄養、スポーツ心理、アスレチックリハビリテーション、アンチドーピング、障がい者スポーツ等の知識を学び、またスポーツ救急処置、テーピング実習も行います。

開設2年目となる平成30年度は、5月、7月、11月、1月の年4回の実施予定です。