挨拶

初期臨床研修 後期臨床研修

当院では特定機能病院として高度医療をおこなう救急患者は救命救急センターで診療し、日常遭遇する疾患は夜間急患センターを通して診療する事ができます。また、赤ちゃんの救命センターと言われる総合周産期母子医療センターも完備しています。新たにてんかん拠点病院として、てんかんの外科手術も開始しました。さらに、こどもセンター、脳卒中センター、リウマチ・膠原病生涯治療センターを今年4月に発足し、充実した研修が送れるようにしています。是非私達と仕事をしませんか。心よりお待ちしております。
聖マリアンナ医科大学病院 病院長 北川博昭


 
 
臨床研修センターでは、君たちが将来様々な医療の現場で活躍する基礎を修得できるようプログラムを準備してまいりました。例えば救急医療については1次から3次まで、様々な病状の患者の診療を研修する機会を設けております。さらに地域に根差した医療から大学病院ならではの先進的な医療まで、将来の進路を選ぶうえで参考になる、幅広い医療を研修することができます。君たちと一緒に臨床ができる日を心から楽しみにしています。
聖マリアンナ医科大学病院 臨床研修センター長 峯下昌道