腫瘍内科

後期研修プログラム

理念・特徴

理念

地域に根ざしたがん診療の拠点として、個々の患者さんにとって最善・最適ながん診療を提供する。

特徴

(1)科学的根拠(エビデンス)に基づいた標準治療の実施。
(2)診療科や職種を越えた多職種チーム医療の実践。
(3)適切な副作用マネージメント(支持療法)の実践。
(4)診断時からの緩和ケア、Advance Care Planning(ACP)、End of lifeケアの実践。
(5)がん薬物療法専門医(日本臨床腫瘍学会)による指導。
(6)様々な治験や臨床試験(多施設共同試験グループ、医師/企業主導治験など)に関わり、がん治療開発の全体像を知る。
(7)多施設の研究グループ会議に参加し、他施設の中心的な研究者とも連携。
(8)基礎研究(Translational Research等)が臨床応用されるまでの過程を経験する。

研修病院

①聖マリアンナ医科大学病院、②聖マリアンナ医科大学附属研究所、③川崎市立多摩病院、④聖マリアンナ医科大学東横病院、⑤ブレスト&イメージング先端医療センター附属クリニック

プログラム責任者・指導医

統括責任者:中島貴子
指導医:津田享志、小倉孝氏、平川麻美、堀江良樹、伊澤直樹、水上拓郎、新井裕之、砂川優、土井綾子

ローテーションプログラム例

1.指導医からマンツーマンの指導を受け、1ヶ月毎に指導医を交代する。
2.緩和ケアチーム(PCT)の活動に参加する。

到達目標

個々の患者さんにとって最善・最適ながん診療を提供すると共に、個別の心理社会的背景にも配慮する事ができる。

(1)一般目標

(1)科学的根拠(エビデンス)に基づいた標準治療が実践できる。
(2)適切な副作用のマネージメント(支持療法)を実践できる。
(3)診断時からの緩和ケアおよびEnd of lifeケアを実践できる。

(2)行動目標

(1)エビデンスや個々の患者さんの意向を踏まえ、医学的・社会的な背景に最適な治療を選択できる。
(2)病状(Bad news)や抗がん治療の期待する効果とその限界について、患者・家族にわかりやすく説明し、同意を取得できる。
(3)化学療法レジメンに特徴的な副作用を理解し、対策を提案できる。
(4)治療効果を適切に評価し、治療継続または中止(変更)について判断できる。
(5)チーム医療における他職種の専門性をよく理解し、多職種協働を効果的に実践できる。
(6)がんの様々な身体的・精神的苦痛を適切に評価し、対応する事ができる。

評価

上記6項目において、日常の診療姿勢および終了時点で口頭試問を行う。

基本手技の取得

基本的内科診察手技      腹水排液、胸水排液
末梢静脈カテーテル留置    コミュニケーション・スキル
中心静脈カテーテル留置

認定医・専門医の取得

日本臨床腫瘍学会薬物療法専門医   日本緩和医療学会認定医
日本がん治療認定機構認定医

診療実績

2016年の化学(放射線)療法患者数(聖マリアンナ医科大学病院本院のみ)
食道癌61例、胃癌71例、大腸癌117例、膵癌48例、胆道癌35例、消化管間葉系腫瘍3例、原発不明癌8例、その他64例

研究活動

1.H29年2月時点で実施中の医師主導臨床試験 16件
2.H29年2月時点で実施中の企業主導の新薬承認のための治験 5件
3.次世代シークエンサーを用いた遺伝子解析研究
4.多施設共同でのSCRUM Japan
5.マイクロサテライト変異解析
6.副作用マークシートを用いた患者Quality of Lifeの研究

学会、研究会など(国内学会、国際学会)

2016年の学会発表24件(国際学会6件、国内学会18件):以下国際学会のみ記載
American Society of Clinical Oncology 4件、European Society for Medical Oncology1件、European Society for Medical Oncology Asia1件

進路

(1)大学院、臨床腫瘍学コースまたは早期探索的研究者育成コース(がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン)への進学
(2)がん専門病院での研修

ホームページ・資料請求・問合せ先

腫瘍内科 Web Site: http://www.oncology-mari.com/
聖マリアンナ医科大学 臨床腫瘍学講座 中島貴子
〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
TEL:(044)977-8111 FAX:(044)975-3755