総合診療内科

後期研修プログラム

理念・特徴

理念

診断能力を徹底して鍛えることにより、世界に通用する総合診療医を育成する。
確固たる臨床能力をベースに、教育および研究を行い、人材を育成するとともに新たな知見を広く世界に向けて発信していく。

特徴

初期診断から治療まで一貫して行うことを基本とする。診断困難例から一般的な疾患について幅広く経験しながら、診断能力を高める事ができる。感染症専門医の指導のもと、積極的に感染症診療を行っているため、総合診療能力のみでなく、感染症に関しても世界標準の診断能力と治療経験を積むことができる。また希望により、その研修で培った基礎力をもとに指導医のもとで体系だった漢方診療の研修選択も可能である。

研修病院

聖マリアンナ医科大学病院
川崎市立多摩病院

認定医・専門医の取得(平成28年度)

日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本病院総合診療医学会認定医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
日本感染症学会専門医
日本感染症学会指導医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医

研究活動

1. 誤嚥性肺炎に関する増悪予測因子の研究
2. 摂食・嚥下機能の評価及び予測に関する研究
3. 地域医療ニーズの分析及び予測に関する研究
4. 効率的な医学教育システム構築に関する研究
5. 研修医のキャリア選択に関する研究
6. 高齢者聴力と耳垢除去に関する研究
7. 骨粗鬆症に関する研究
8. 骨代謝マーカーと骨折評価に関する研究
9. 高齢者姿勢変化及び脊椎形態に関する研究

学会、研究会など(国内学会、国際学会)

Society of Hospital Medicine,Infectious Disease Society of America, 日本内科学会,日本感染症学会,日本化学療法学会,日本臨床微生物学会,日本プライマリケア連合学会,日本病院総合診療学会

進路

国・社会・地域全体で、総合診療内科医がまさに求められています。大学、市中および診療科を問わず、臨床・教育・研究の各分野における次世代のトップリーダーを育成します。

ホームページ・資料請求・問合せ先

https://www.marianna-u.ac.jp/GIM/index.html
https://www.facebook.com/SMU.GIM