小児科

後期研修プログラム

理念・特徴

理念

どんな人間でも子供の時期を経て大人になるわけであるが「子どもは大人のミニチュア版ではない」。小児科で扱う疾患は非常に幅広く多岐にわたっているが、基本的に絶えず「成長」「発育」を遂げ変化していることを忘れずに、それぞれの年齢に応じた心と身体のバランスを重視した取った医療を心がけることが大切である。

特徴

(1)専門分野のエキスパートとして内外で活躍しながら、generalistとしてcommon diseaseから比較的稀な疾患まで対応できる小児科医の育成を第一の目標としていること。
(2)医局員の結束力が強く、若手医師に対する指導が非常に手厚いこと。
(3)9つの各専門分野が充実し、それぞれ活動性が高いこと。
(4)とりわけ新生児および周産期医療部門が独立し充実していること。
(5)地域の小児救急医療に多大な貢献をしていること。
聖マリアンナ医科大学病院小児科は大学附属の特定機能病院として高度先進医療をはじめとする質の高い医療を行うとともに、川崎市北部地域の中核病院として近隣の医療機関との連携を強力に推進しています。また、教育病院としての機能を持ち、卒前の臨床医学教育や、卒後の初期および後期の臨床研修を行なっています。小児科サブスペシャルティー各領域に経験豊富な専門医が所属していますので、さまざまな専門分野の診療、比較的稀な疾患に対する診療の研修が可能です(10領域のサブスペシャルティー診療・研究グループ)。さらに、1次から3次までの救急診療体制も有しているため、小児科医として欠くことのできない救急疾患の対応、急性疾患の管理も研修できる施設です。総合周産期母子医療センターにおいては、専門医療の集結による高度な周産期医療の研修が可能です。また、川崎市の保健所において乳幼児健診などの小児保健医療に携わることが可能であり、 小児科専門研修に求められるあらゆる経験が可能な環境です。本プログラムは、聖マリアンナ医科大学病院を研修基幹施設として、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、および川崎市立多摩病院を連携施設として、3年間の研修期間で小児科専門医に求められるすべての領域を総合的に研修する機会を提供する計画です。さらに、個々の専攻医の将来設計等によりスケジュールの調整に柔軟に対応します。女性医師には、結婚、妊娠、出産などに際しても、安心して研修が継続可能な環境、さらに生涯にわたり小児科専門医として働くことが可能な環境です。聖マリアンナ医科大学小児科には活気に溢れた若手医師が多く在籍し、自らの研修に励みながら、後輩の指導にも精力的に取り組んでいます。

研修施設群

研修基幹施設

聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県川崎市)

連携施設

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(神奈川県横浜市)
川崎市立多摩病院(神奈川県川崎市)

その他の関連施設

衣笠病院小児科(神奈川県横須賀市)
横浜総合病院小児科(神奈川県横浜市)
鶴川記念病院小児科(東京都町田市)
慶愛病院小児科(北海道帯広市)
重症心身障害者施設ソレイユ川崎(神奈川県川崎市)
京浜総合病院小児科(神奈川県川崎市)
川崎市内各保健所(神奈川県川崎市)
聖マリアンナ医科大学病院、聖マリアンナ医科大学病院総合周産期母子医療センター、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院周産期センター、川崎市立多摩病院

プログラム責任者・指導医

統括責任者:山本 仁
指導医:森 鉄也
指導医総数(卒後10年以上・小児科専門医として5年以上):24名(基幹施設15名、連携施設9名)

ローテーションプログラム例

到達目標

一般目標

小児科専門医として必要な知識、技能、経験を有するとともに、社会人としての常識、人間性を備え持つ医師の育成。

行動目標

(1)小児、小児診療、小児疾患の特性の学習
(2)小児科専門医に求められる診療技能の習得
(3)小児科専門医に求められる小児診療の経験
(4)患者、家族との信頼関係の構築
(5)チーム医療、医療連携の実践
(6)医療安全に対する取り組みの理解と実践
(7)地域医療への貢献

評価

専門研修を有益なものとし、到達目標達成を促すために、当プログラムでは指導医が専攻医に対して様々な形成的評価(アドバイス、フィードバック)を行います。研修医自身も常に自己評価を行うことが重要です(ふりかえりの習慣、研修手帳の記載など)。毎年2回、各専攻医の研修の進捗状況をチェックし、3年間の研修修了時には目標達成度を総括的に評価し、研修修了認定を行います。指導医は、臨床経験10年以上の経験豊富な臨床医で、適切な教育・指導法を習得するために、日本小児科学会が主催する指導医講習会もしくはオンラインセミナーで研修を受け、日本小児科学会から指導医としての認定を受けています。

修了基準および修了判定

1) 評価項目:(1) 小児科医として必須の知識および問題解決能力、(2) 小児科専門医としての適切なコミュニケーション能力および態度について、指導医・同僚研修医・看護師等の評価に基 づき、研修管理委員会で修了判定を行います。
2) 評価基準と時期
(1) の評価:簡易診療能力評価 Mini-CEX(mini-clinical Evaluation Exercise)を参考にします。指導医は専攻医の診療を10分程度観察して研修手帳に記録し、その後研修医と5〜10分程度振り返ります。評価項目は、病歴聴取、診察、コミュニケーション(態度)、臨床判断、プロフェッショナリズム、まとめる力・能率、総合的評価の7項目です。毎年2回(10月頃と3月頃)、3年間の専門研修期間中に合計6回行います。
(2) の評価:360度評価を参考にします。専門研修プログラム統括責任者、連携施設の専門研修担当者、指導医、小児科看護師、同時期に研修した専攻医などが、① 総合診療能力、② 育児支援の姿勢、③ 代弁する姿勢、④ 学識獲得の努力、⑤ プロフェッショナルとしての態度について、概略的な360度評価を行います。
(3) 総括判定:研修管理委員会が上記の Mini-CEX、360度評価を参考に、研修手帳の記載、症例サマリー、診療活動・学術活動などを総合的に評価して、修了判定します。研修修了判定がおりないと、小児科専門医試験を受験できません。
(4) 「妊娠・出産、産前後に伴う研修期間の休止」、「疾病での休止」、「短時間雇用形態での研修」、「専門研修プログラムを移動する場合」、「その他一時的にプログラムを中断する場合」 に相当する場合は、その都度諸事情および研修期間等を考慮して判定を行います。
< 専門医が専門研修プログラムの修了に向けて行うべきこと >
プログラム修了認定、小児科専門医試験の受験のためには、以下の条件が満たされなければなりません。
1.「小児科専門医の役割」に関する目標達成(研修手帳)
2.「経験すべき症候」に関する目標達成(研修手帳)
3.「経験すべき疾患」に関する目標達成(研修手帳)
4.「習得すべき診療技能と手技」に関する目標達成(研修手帳)
5.Mini-CEX による評価(年2回、合計6回、研修手帳)
6.360 度評価(年1回、合計3回)
7.30症例のサマリー(領域別指定疾患を含むこと)
8.講習会受講:医療安全、医療倫理、感染防止など
9.筆頭論文1編の執筆(小児科関連論文、査読制度のある雑誌掲載)

基本手技の習得

小児科専門医に求められる基本手技(呼吸管理、循環管理、栄養管理、各種検査手技など)

認定医・専門医の取得

研修認定施設等に指定されている認定医・専門医:小児科専門医、漢方専門医、小児神経専門医、てんかん専門医、血液専門医、小児血液・がん専門医、がん治療認定医、小児循環器専門医、周産期専門医、腎臓専門医、感染症専門医、アレルギー専門医、臨床遺伝専門医

診療実績

小児科病床数50床、NICU病床数12床、外来のべ患者数23,725人、入院のべ患者数23,136人、救急受診のべ患者数1,319人、主な疾患・検査・治療:てんかん、発達遅滞、先天性出血・血栓性疾患(血友病など)、小児がん、先天性心疾患、(超)低出生体重児、慢性腎疾患、内分泌疾患(甲状腺機能低下症など)、代謝疾患(糖尿病など)、感染性疾患、アレルギー疾患、遺伝疾患、造血幹細胞移植、心臓カテーテル検査・治療、腹膜透析、腎生検、内分泌負荷試験

研究活動

【神経】
重症心身障害児における低カルニチン血症の検討、新規抗てんかん薬の治療効果の検討、新生児発作のけいれんの脳波に関する検討、てんかんにおける脳の構造ネットワーク解析
【血液】
血友病に対する一次定期補充療法の臨床研究、血液凝固異常症のQOLに関する研究、血友病インヒビター発生に関する多施設共同研究、ステロイド剤の血栓傾向に関する機序の解明。
【腫瘍】
小児がんに対する多施設共同臨床研究、難治性白血病・リンパ腫等に対する新規診断・治療開発、がん・造血細胞移植患者の卵巣組織凍結保存。
【循環器】
妊娠ラットに対するステロイド投与による筋小胞体関連タンパク発現の変化について、重症川崎病患者に対する新たなステロイドとγグロブリン併用の治療プロトコールの開発、左室拡張障害を伴う心筋症の左房機能解析。
【新生児】
慢性肺疾患の成因と治療に関する検討、成育限界の児の予後改善のための栄養法の検討、PCを用いた新生児領域における診療支援システムの構築。
【腎臓】
ネフローゼ症候群治療における新規薬物動態に関する研究、腎疾患における尿中バイオマーカーの検討。
【内分泌】
小児1型糖尿病患者のカーボカウントを支援する携帯情報端末アプリの開発と効果の検討、小児期発症1型糖尿病の治療・予後改善のための多施設共同研究、小児期発症1型糖尿病における遺伝的要因の探索。ジアゾキシド抵抗性の先天性高インスリン血症に対するオクトレオチド持続皮下注射療法。
【感染症】
百日咳菌の基礎研究・分子疫学研究、予防接種の安全性評価・円滑な普及を得る方策の研究、中心静脈カテーテル感染症に対するエタノールロック療法の研究、Antimicrobial stewardship program推進についての研究、ロタウイルスの分子疫学研究
【呼吸器・アレルギー】
食物アレルギー経口負荷試験用の負荷試験食の開発。
【遺伝】
先天代謝異常症のスクリーニング検査、希少疾患の診断、遺伝性疾患の病因探索

学会、研究会など(国内学会、国際学会)

日本小児科学会、日本東洋医学会、日本小児東洋医学会、
【神経】日本小児神経学会、日本てんかん学会、乳幼児けいれん研究会、国際小児神経学会、アジア大洋州小児神経学会、アメリカてんかん学会【血液・腫瘍】日本小児血液・がん学会、日本血液学会、日本血栓止血学会、日本検査血液学会、日本産婦人科・新生児血液学会、日本造血細胞移植学会、米国血液学会、国際血栓止血学会、世界血友病学会会議、国際小児がん学会【循環器】日本小児循環器学会、日本川崎病学会、日本小児カテーテルインターベンション学会、米国心臓病学会
【新生児】日本周産期・新生児医学会、日本未熟児新生児学会、日本産婦人科・新生児血液学会、日本造血細胞移植学会、米国血液学会、国際血栓止血学会、世界血友病学会儀、国際小児がん学会【循環器】日本小児循環器学会、日本川崎病学会、日本小児カテーテルインターベンション学会、米国心臓病学会【新生児】日本周産期・新生児医学会、日本未熟児新生児学会【腎臓】日本腎臓学会、日本小児腎臓病学会、国際小児腎臓病学会
【内分泌】日本小児内分泌学会、日本内分泌学会、日本先天代謝異常学会【感染症】日本小児感染症学会、日本ワクチン学会、日本感染症学会、米国感染症学会、欧州小児感染症学会【呼吸器・アレルギー】日本アレルギー学会、日本小児アレルギー学会、日本小児呼吸器学会【遺伝】アメリカ人類遺伝学会、アメリカ臨床遺伝学会、日本人類遺伝学会、日本小児遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会

進路

後期臨床研修終了後は、各小児科診療分野に属しサブスペシャリティーとして診療能力を高めることができる。希望により他施設での臨床や研究を目的に留学することも医局として勧めている。

ホームページ・資料請求・問合せ先

HP: http://www.marianna-u.ac.jp/pediatrics/
E-mail: shouni-kenshu@marianna-u.ac.jp