呼吸器外科

後期研修プログラム


診療部長 中村治彦

理念・特徴

理念

当科の理念は、人類愛に根ざした崇高な倫理観を有し、主な呼吸器外科疾患に対して病態を洞察し、診断し、最適な外科治療を行うことができる専門知識と技能を備えた医師を育成することにある。

特徴

当科の昨年(2016年)の呼吸器外科手術症例の実績は、総数277例で、内訳は原発性肺癌126例、気胸58例、転移性肺腫瘍25例、縦隔腫瘍23例、その他45例で、下のグラフに示すように経年的に増加傾向にある。

外科全体としてのプログラムを組み、まず外科専門医資格の取得を目標とする。ついで専攻科としての呼吸器外科専門医資格を最短の期間で取得できるように計画されている。

豊富な症例数を背景として、各種疾患の診断から治療に携ることで、呼吸器外科専門医に必要な経験を積むことができる。また、大学病院の特徴としてのリサーチマインドを涵養することも重要である。すなわち、後期研修医ひとりひとりが疾患に対する理解を深めるために研究テーマを持つことが望ましい。日常臨床に精錬する他に、主として学会活動を通じて、研究活動を行うことで、技術と知識を兼ね備え、真に患者から信頼される医師像が完成されると考えている。
当科の研修の最も大きな特徴は、指導医との親密な連携のもと、原発性肺癌、自然気胸、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍などの豊富な手術症例を経験して「術者」としての修練を積み、早期に呼吸器外科専門医資格を取得することができる点にある。後期研修医が術者としてなるべく早くひとり立ちできるように積極的に指導、支援している。

研修病院

希望によって国立がんセンター東病院、神奈川県立がんセンターなどの研修施設での指導を受け、手術の腕を磨くことができる。

プログラム責任者・指導医

指導医: 3名 中村治彦、 佐治 久、 丸島秀樹

ローテーションプログラム例

プログラムの特色

外科全体としてのプログラムを組み、まず外科専門医資格の取得を目標とする。ついで専攻科としての呼吸器外科専門医資格を最短の期間で取得できるように計画されている。

ローテーション例

①1~2年目 外科各科ローテーション(消化器一般外科1年・呼吸器外科3カ月・乳腺内分泌外科3カ月・心臓血管外科3カ月・小児外科3カ月)
②3年目以降 呼吸器外科に戻り外科専門医資格を取得する(希望により適宜、外部研修病院、麻酔科、救急医学などもラウンド可能)。さらに呼吸器外科の経験症例を増やして後期研修5年修了後に呼吸器外科専門医資格を取得する。大学院生は呼吸器外科専門医資格を取得に加えて、4年目までに博士論文を提出し、医学博士号を取得する。

評価

①服装、言葉使い、勤務態度など研修を受ける際の基本的事項 ②回診・症例検討会におけるディスカッションを通した疾病に対する知識や理解度 ②検査、処置、手術など各種実技の習熟度 ③学会発表、論文執筆の実績 などによって評価される。

認定医・専門医の取得

外科専門医(日本外科学会)、呼吸器外科専門医(日本呼吸器外科学会)、呼吸器専門医(日本呼吸器学会)、気管支鏡専門医(日本呼吸器内視鏡学会)などである。各種専門医資格取得や研究活動のために入会する必要のある学会としては、日本外科学会、日本呼吸器外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本癌治療学会、日本呼吸器学会がある。また、研究活動のために入会が望ましい学会としては、日本肺癌学会、世界気管支学会(WABIP)、国際肺癌学会(IASLC) などがある。
後期研修開始とともに大学院へ入学した場合は、博士論文を提出することによって4年以内に医学博士を取得することができる。現在、本学の共同研究講座として設置された分子病態情報研究講座が肺癌に関する最新のプロテオーム解析を中心に研究を行っており、大学院の研究は当該講座との共同研究として行われている。その他に臨床研究を中心とした活発な学会活動を行っており、後期研修医には積極的に発表の場を与えている。

研究活動

最近2年間の当科の英文発表論文の一部

1. Nakamura H, Saji H, Kurimoto N, Shinmyo T, Tagaya R. Impact of intraoperative blood loss on long-term survival after lung cancer resection. Ann Thorac Cardiovasc Surg 2015; 21: 18-23.

2. Nakamura H, Saji H, Shinmyo T, Tagaya R, Kurimoto N, Koizumi H, Takagi M. Close association of IASLC/ATS/ERS lung adenocarcinoma subtypes with glucose-uptake in positron emission tomography. Lung Cancer 2015; 87: 28-33.

3. Nakamura H, Saji H, Shinmyo T, Tagaya R, Kurimoto N, Koizumi H, Takagi M. Association of IASLC/ATS/ERS histologic subtypes of lung adenocarcinoma with epidermal growth factor receptor mutations in 320 resected cases. Clin Lung Cancer 2015; 16: 209-215.

4. Nakamura H, Saji H, Marushima H, Kimura H, Tagaya R, Kurimoto N, Hoshikawa M, Takagi M. Standardized uptake values in the primary lesions of non-small-cell lung cancer in FDG-PET/CT can predict regional lymph node metastases. Ann Surg Oncol 2015; 22:S1388-S1393.

5. Mitsui A, Saji H, Shinmyo T, Mochizuki A, Kurimoto N, Nakamura H.
Malignant pleural mesothelioma presenting as a spontaneous pneumothorax. Respirol Case Rep 2015; 3: 9-12.

6. Kee A, Kurimoto N, Nakamura H. Vanished: Is this for real? J Bronchol Intervent Pulmonol 2015; 22: 367-369.

7. Kato Y, Nakamura H, Tojo H, Nomura T, Nagao T, Kawamura T, Kodama T, Ohira T, Ikeda N, Fehniger T, Marko-Varga G, Nishimura T. A proteomic profiling of laser-microdissected lung adenocarcinoma cells of early lepidic-types. Clinical and Translational Medicine 2015,4:24 doi:10.1186/s40169-015-0064-3 (published 3 July 2015)

8. Nakamura H, Takagi M. Clinical impact of the new IASLC/ATS/ERS lung adenocarcinoma classification for chest surgeons. Surgery Today 2015; 45: 1341-1351.

9. Ogura Y, Saji H, Marushima H, Maeda I, Koizumi H, Nakamura H. Successful resection of a mediastinal nonseminomatous germ cell tumor who’s response to induction chemotherapy was evaluated by fluorodeoxyglucose-positron emission tomography. Journal of Clinical Case Reports 2016: 6; 1-2.

10. Mitsui A, Saji H, Doi M, Hoshikawa M, Hayashi A, Nakamura H. A solitary pleural metastasis of benign giant cell tumor of bone. Respirol Case Rep 2016; 4(3): e00147 doi: 10.1002/rcr2.147

11. Oi R, Saji H, Marushima H, Maeda I, Takagi M, Nakamura H. Unusual presentation of pulmonary lymphoepithelioma-like carcinoma. Respirol Case Rep 2016; 4(5): e00177 doi: 10.1002/rcr2.177

12. Nakamura H, Saji, H, Marushima H, Kimura H, Koizumi H, Takagi M. Associations between serum carcinoembryonic antigen levels and adenocarcinoma subtypes of the lung. Cancer Treatment Communications 2016; 5: 31-35.

13. Nakamura H, Saji, H, Marushima H, Rie Tagaya, Kimura H,Takagi M. Glucose uptake values in positron emission tomography are useful to predict survival after sublobar resection for lung cancer. Thracic and Cardiovascular Surgeon 2016 Feb24. [Epub ahead of print]

14. Nakayama N, Bando Y, Fukuda T, Kawamura T, Nakamura H, Marko-Varaga G, Nishimura T. Developments of mass spectrometry-based technologies for effective drug development linked with clinical proteomes. Drug Metab Pharmacokinet 2016: 31; 3-11.

16. Kato Y, Nishimura T, Jun Matsubayashi, Furukawa K, Nomura M, Fujii K, Nakamura H, Kato H. An importance of clinical proteomics for personalized medicine of lung cancer subtypes. Integr Cancer Sci Therap 2016: 3; 398-405.

17. Nakamura H, Koizumi H, Kimura H, Marushima H, Saji H, Takagi M. Epidermal growth factor receptor mutations in adenocarcinoma in situ and minimally invasive adenocarcinoma detected using mutation-specific monoclonal antibodies. Lung Cancer 2016: 99; 143-147.

18. Nakamura H, Sakai H, Miyazawa T, Somehara T, Nakayama N, Fujii K, Nishimura T. Differential prognostic values of mRNA expression of CEACAM gene family members in non-small cell lung cancer. Current Biomarker Findings 2016: 6; 23-30.

19. Saji H, Marushima H, Nakamura H. Role of adjuvant therapy in early-stage small-cell lung cancer: comment on a population-based cohort study of patients with early-stage small-cell lung cancer. J Thorac Dis 2016: 8; E1404-E1407.

20. Nakamura H, Nishimura T. History, molecular features, and clinical importance of conventional serum biomarkers in lung cancer. Surg Today 2017 Feb22. doi: 10.1007/s00595-017-1477-y. [Epub ahead of print]

21. Nakamura H, Sakai H, Kimura H, Miyazawa T, Marushima H, Saji H. Chronological changes in lung cancer surgery in a single Japanese institution. OncoTargets and Therapy 2017 in press.

最近の呼吸器外科手術では必須の技術となった胸腔鏡手術のトレーニングを目的として毎年、定期的に実験動物を使用した実技研修を行っている。

進路

後期研修終了後は当科の常勤スタッフとして引き続き、聖マリアンナ医科大学に勤務して、後進の指導に当たることができる。この場合、時期をみて国外および国内留学が可能である。また、他施設への就職を希望することも自由である。

ホームページ・資料請求・問合せ先

聖マリアンナ医科大学 呼吸器外科医局
〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
TEL代表 044-977-8111  内線3230  中村治彦