眼科

後期研修プログラム


診療部長 高木 均

理念・特徴

理念

「生命の尊厳を守り、医師としての使命感を自覚し、人類の福祉に貢献できる医師の育成」という本学の建学の理念を念頭におき、眼科医における「生命」とも言える「視機能」をその患者様の命ある限り、より有効に活用できるようサポートすることを目指します。また「視機能」が失われつつある患者様、もしくは既に失われた患者様についても、より人間らしい生活がおくれるようサポートしていけるような眼科医の育成を心掛けております。

特徴

外来、手術の両方において、比較的早い時期に自分の症例を受け持ち、実際に対応することになることが最大の特徴と言えます。外来では結膜炎、白内障などの眼科におけるcommon diseaseに対する診察や、糖尿病網膜症のスクリーニングなど眼科診察の基礎を学ぶ機会が豊富にあります。手術ではまずは先輩医師の助手につき、手と目をマイクロサージェリーの世界に慣れさせます。それが出来るようになると、先輩医師から手術中に一部の手技を行うチャンスがもらえるようになるでしょう。このため眼科手術の習熟が早いということも当教室の特徴の一つです。
また、後期研修医は網膜硝子体班、緑内障班、角結膜疾患班を3ヶ月毎に順次研修していくため、多岐に亘る眼科疾患を幅広く学ぶことが出来ます。

当眼科後期研修医は眼科におけるcommon diseaseはもちろんのこと、将来的には専門性(サブスペシャリティー)を少なくとも1つは持てるようになっていることが特徴と言えます。

研修病院

聖マリアンナ医科大学病院
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
川崎市立多摩病院

プログラム責任者・指導医

統括責任者:高木 均
指導医:上野聰樹、荒川 明、北岡康史、徳田直人、向後二郎、松澤亜紀子、
南 早紀子、林 泰博、武田裕行、熊谷悠太 計10名

ローテーションプログラム例

当眼科では十分な知識、技能、経験を備えた眼科専門医を育成することを目標として後期臨床研修をおこなっています。原則として、日本眼科学会が認定する眼科専門医試験の受験資格を得るまでの4年間を後期臨床研修期間として、以下のような研修体制およびスケジュールでおこなっています。
~入局後から入局後9ヶ月~
入局後の9か月間は3ヶ月毎に網膜硝子体班、緑内障班、角結膜疾患班をローテーションしていきます。各班に特徴的な疾患、症例を多く経験することが出来ます。その期間、後期研修医一人につき一人のテューター(上級医)が責任をもって指導に当たります。
~入局後9ヶ月から入局後12ヶ月~
この時期は今までに回った班の中で、再度回ってみたいと思う班で研修していただきます。すなわち、この期間は自身のサブスペシャリティーを意識しつつ研修していただきます。大学院入学希望者は大学院入学試験もこの時期に受験していただきます。この1年間の間にどの班にいても、外来では結膜炎、白内障、糖尿病網膜症などのcommon diseaseの診察、手術現場では白内障手術手技を段階的に経験し、習熟を目指します。
~入局後12ヶ月以降から~
大学院に進学する方は研究がメインとなりますが、定期的に外来診察、手術を行い、臨床を継続することも可能です。大学院に進学しない方は後期研修1年目に習得した技術の更なる研鑽と、その間にもったサブスペシャリティーを中心に学ぶことになります。
どちらの道を選んだとしても、聖マリアンナ医科大学眼科学教室は日本眼科医会認定眼科専門医試験資格を満たす最短の時期に受験でき、更に合格出来るようなプログラムで教育させていただいております。

評価

的確な検査、診察、治療を行う能力が身についたかを研修行動到達目標とし、1年ごとにステップアップしていく段階的項目に分類し、その評価を1年毎に自己、指導医、統括責任者の3名で個々にA~Dまでの4段階で行い、評価においてD:不適がある場合はその項目に関して次年度の再研修課題とし、再度評価を行います。研修終了時にD項目がある場合は研修未修了とし、修了まで日本眼科学会専門医試験の受験を不許可とすることがあります。

進路

まずはどの医局員も入局後4年目に眼科専門医(日本眼科学会認定)の取得を目指します。その間を大学院に入学し研究と臨床を行う者と、大学院に入学せず臨床のみを行う者に分かれますが、どちらの道を選んでも後期研修医全員出席のカンファレンスや学会発表などで眼科専門医として十分な臨床能力を習得させます。専門医取得後は、大学教員(助教)・関連教育病院部長などに進みます。研究については、高木教授を中心とした糖尿病網膜症・黄斑変性の血管生物学的研究や、北岡准教授を中心とした分子神経科学(緑内障の軸索変性の分子生物学的研究など)がさかんに行われています。またそれに加えて、臨床データから得られたデータを学会発表し論文作成することも行っています。

ホームページ・資料請求・問合せ先

聖マリアンナ医科大学 眼科学教室ホームページ・資料請求・問合せ先
http://www.marianna-u.ac.jp/opht/index.html
聖マリアンナ医科大学眼科学教室メールアドレス ganka@marianna-u.ac.jp