麻酔科

後期研修プログラム


診療部長 井上莊一郎

理念・特徴

理念

社会に貢献できる麻酔科医を養成する。

特徴

当麻酔科は、「プロの麻酔科医とは、周術期医療の専門家である」と考え、付属病院を含めた年間14,000件以上の手術麻酔とその周術期管理を業務の中心としています。麻酔業務は決して楽ではありませんが、新生児から超高齢者、産科手術や心臓手術、その他の特殊な手術や緊急手術など、専門医取得に必要なあらゆる種類の麻酔を、付属病院の勤務だけでも数多く経験できます。また、ペインクリニックや緩和医療、集中治療といった領域にも興味を持つことを勧めています。
さらには、多くの学会に積極的に参加し、新しい知識の習得する環境が整っています。

研修病院

聖マリアンナ医科大学病院、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、川崎市立多摩病院、聖マリアンナ医科大学東横病院、稲城市立病院、多摩南部地域病院、埼玉石心会病院、衣笠病院、聖ヨゼフ病院

プログラム統括責任者、指導医

統括責任者:井上莊一郎
指導医:舘田武志、日野博文、坂本三樹、赤坂徳子、小幡由美

ローテーションプログラム例

①大学院生・診療助手:大学病院・研究→麻酔科標榜医・認定医→医学博士→麻酔科専門医
②任期付助教:大学病院、分院(西部、多摩)で臨床麻酔→麻酔科標榜医・認定医→麻酔科専門医
(プログラム内容)
・1年目:脊椎手術、呼吸器外科手術、腎移植、腹部大血管手術、小児手術等の一般的な手術
・2~3年目:心臓外科手術(成人・小児)、新生児手術、術前外来
・4年目:手術室の運営、ペインクリニック

到達目標

・周術期麻酔管理を通して、必要な内科的知識、外科的知識や技術を習得する。
・習得した知識・技術に基づき、患者を安全に管理するとともに、危機への対応能力を高める。
・チーム医療に周術期麻酔管理を身につける。
・チーム医療の様々な局面で、リーダーシップを発揮することができる。

一般目標

周術期チームの一員として安全な麻酔、周術期管理を行う。

行動目標

(1)原則として後期研修2年目終了時までに、厚生労働省の認定する「麻酔科標榜医」の資格と日本麻酔科学会「麻酔科認定医」の資格を取得する。
(2)「麻酔科専門医」の取得希望者は、2年間の後期研修修了後さらに2年間麻酔科指導医または麻酔科専門医のもとで、麻酔業務に専従することで資格申請が可能になる。
(3)麻酔科学の関連領域(小児麻酔、心臓麻酔・周術期経食道心エコー、疼痛管理学、集中治療学)の専門研修も可能である。

評価

麻酔科専門医試験:筆記、口頭、実技

基本手技の習得

1.気道管理:マスク&バッグによる換気、喉頭鏡による気管挿管、ビデオ喉頭鏡を用いた経口気管挿管、声門上器具による気道確保、気管支鏡による気管挿管、分離肺換気、困難気道への段階的対処
2.脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔(腰椎レベル、胸椎レベル)
4.神経ブロック:閉鎖神経ブロック、大腿神経ブロック、坐骨神経ブロック、腹横筋膜面ブロック
5.各種血管カテーテル挿入:動脈留置カテーテル挿入、超音波ガイドによる中心静脈カテーテルや.肺動脈カテーテルの挿入
7.各種モニタリングとその評価:経食道心エコー、筋弛緩モニター、各種神経モニタリング

認定医、専門医の取得

厚生労働省麻酔科標榜医、、日本麻酔科学会認定医、日本麻酔科学会専門医、日本麻酔科学会指導医、呼吸療法専門医、心臓血管麻酔専門医、緩和医療専門医、ペインクリニック専門医、日本小児麻酔学会認定医

診療実績

・2009年度 総手術件数 7759件 麻酔科管理件数 5748件
・2010年度       8147件         6077件
・2011年度       8765件         6330件
・2012年度       9032件         6501件
・2013年度       8986件         6625件

研究活動

1.心臓血管外科、大動脈ステント挿入術の麻酔管理と腎機能について
2.呼吸器外科分離換気時の呼吸管理に関する検討
3.気管ステント挿入術における麻酔管理の検討
4.麻酔薬と遺伝子多型
5.麻酔手技の教育
6.術後鎮痛

学会、研究会など(国内学会、国際学会)

・日本麻酔科学会、日本臨床麻酔学会、日本心臓血管麻酔学会、日本小児麻酔学会、日本産科麻酔学会、日本ペインクリニック学会、日本緩和医療学会、日本集中治療医学会、日本蘇生学会、日本臨床モニター学会、日本静脈麻酔学会・日本医療ガス学会、神奈川麻酔科医会、米国麻酔科学会(ASA)、国際麻酔研究会議(IARS)、ヨーロッパ麻酔科学会(ESA)、米国区域麻酔学会(ASRA)、欧州区域麻酔学会(ESRA)

進路

基本的な進路:麻酔科専門医として大学病院関連病院に勤務、または国内外留学し専門分野の研修を行う。
その後の進路の種類:①心臓血管麻酔専門医、ペインクリニック専門医、集中治療専門医などの受験資格を取得し、サブスペシャリティーを持った麻酔医を目指す。②研究者や教育者として医育機関に勤務する。③関連病院の麻酔科責任者、手術部運営者として勤務する。④ペインクリニック専門医を取得し、医院を開業する。
注)①~④のなかには両立できるものや、途中で変更できるものがある。家庭の事情を考慮して、勤務形態を柔軟に変更することも可能である。

ホームページ・資料請求・問合せ先

・聖マリアンナ医科大学麻酔学教室 www.marianna-u.ac.jp/aneth/index.html
・資料請求、お問い合わせ:医局長 坂本三樹mikitei@marianna-u.ac.jp
044-977-8111 内線:3452 PHS:81166