外科

後期研修プログラム

理念・特徴

理念

後期外科研修制度においては初期研修終了後、シニアレジデントとして総ての外科講座5分野(消化器・一般、心臓血管、呼吸器、小児、乳腺内分泌領域)と救急救命センターで研修し、医の倫理を体得し、医療を適正に実践すべく一定の修練を経て、診断、手術および術前後の管理・処置・ケアなど一般外科医療に関する標準的な知識と技量を身につける。

特徴

外科専門医とは一定の修練を経て、診断、手術および術前後の管理・処置・ケアなど、一般外科医療に関する標準的な知識と技量を修得した医師で日本外科学会が認定する。具体的には350例以上の手術手技を経験(うち120例以上は術者としての経験)し、一定の資格認定試験を経て認定される。後期臨床研修医は3~5年の間にこの試験を受験し合格している。また、この専門医は消化器・一般外科、心臓血管外科、呼吸器外科および小児外科などの関連外科(サブスペシャルティ)専門医を取得する際に必要な基盤となる共通の資格である。この専門医の維持と更新には、最新の知識・技術を継続して学習し、安全かつ確実な医療を実施していることが必須条件となる。外科医を目指す後期臨床研修医は十分な症例数が経験できるよう、外科講座5分野(消化器・一般、心臓血管、呼吸器、小児、乳腺内分泌領域)と救急救命センターで研修するようにしている。

研修病院

聖マリアンナ医科大学病院、川崎市立多摩病院、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、聖マリアンナ医科大学東横病院、ブレスト&イメージングセンターなどをローテーションして研修をおこなうことができる。

プログラム統括責任者、指導医

統括責任者:大坪毅人
指導医:北川博昭、大坪毅人、中村治彦、津川浩一郎、宮入 剛

ローテーションプログラム例

初期臨床研修医修了後(ローテーションはそれぞれの診療科の研修医の数によりローテーションの順番を効率的に手術の術者になれるよう考慮しています。)

例1

4−6

7−9

10−12

1−3

1年(後期臨床)

消化器・一般外科

消化器・一般外科

心臓外科

呼吸器外科

2

小児外科

乳腺外科

消化器・一般外科

救命センター

3

専門分野

専門分野

専門分野

専門分野

 

例2

4−6

7−9

10−12

1−3

1年(後期臨床)

心臓外科

心臓外科

消化器・一般外科

呼吸器外科

2

小児外科

乳腺外科

消化器・一般外科

救命センター

3

心臓外科

心臓外科

心臓外科

心臓外科

到達目標

レベルの高い均質な、包括的で全人的な外科診療を実践できる専門医を養成するため、①外科専門医として、適切な外科の臨床的判断能力と問題解決能力を修得する。②手術を適切に実施できる能力を修得する。③医の倫理に配慮し、外科診療を行う上での適切な態度と習慣を身に付ける。④外科学の進歩に合わせた生涯学習を行うための方略の基本を修得する。

一般目標

卒後初期臨床研修を修了した後、外科学総論、基本的手術手技および一般外科診療に必要な外科診療技術を修得する。また、外科サブスペシャルティーの特徴も修得させる。

行動目標

一定の手術手技を習得するため以下の症例数は最低限経験する。これらの手術が後期臨床研修ローテーション中に習得できる。また、それぞれのサブスペシャリティーに進む後期臨床研修医は、約1年間は2階建て部分の専門分野の外科領域もローテーション可能となる。
(1)消化管および腹部内臓(50例)
(2)乳腺(10例)
(3)呼吸器(10例)
(4)心臓・大血管(10例)
(5)末梢血管(頭蓋内血管を除く)(10例)
(6)頭頸部・体表・内分泌外科(皮膚、軟部組織、顔面、唾液腺、甲状腺、上皮小体、性腺、副腎など)(10 例)
(7)小児外科(10例)
(8)外傷(多発外傷を含む)(10点)
(9)鏡視下手術(10例)

評価

カンファレンス、その他の学術集会に出席し、積極的に討論に参加し、 抄読会などを通じて専門の学術出版物や研究発表に接し、批判的吟味をすることができる。また、学術集会や学術出版物に、症例報告や臨床研究の結果を最低一例は発表する事で評価している。最終的には専門医試験の筆記試験に合格することである。

診療実績(平成25年度)

主な手術件数

<消化器・一般外科>(平成28年)
食道24例、胃・十二指腸106例、小腸100例、結腸179例、直腸48例、虫垂99例、肛門11例、
肝臓44例、胆道24例、胆嚢160例、膵臓37例、ヘルニア152例、その他71例、(重複あり)
合計935例

<心臓血管外科>(平成28年)
単独冠動脈バイパス術32例、弁膜症手術81例、胸部大動脈瘤手術67例(手術33例、ステント34例)、先天性心疾患55例、その他の開心術14例、腹部大動脈瘤手術63例(手術19例、ステント44例)、末梢血管手術101例
<呼吸器外科>
2014年 2015年 2016年
原発性肺癌  129例  111例  126例
転移性肺腫瘍 26例  26例  25例
自然気胸   51例  35例  58例
縦隔腫瘍   21例  27例  23例
その他    44例  43例  45例
総数     271例  242例  277例
<小児外科>
平成26年 平成27年
入院総数      529    523
総手術数      366    367
鼠径ヘルニア手術 118    117
虫垂炎手術    51     61
新生児手術    24     18
<乳腺内分泌外科>
主な手術および検査件数(平成27年度実績)
全乳癌手術           778例
初発乳癌手術         736例
乳房温存術          425例
(57.7%)
良性乳腺疾患手術症例数     86例
甲状腺・副甲状腺疾患手術症例  36例
同時再建            79例
センチネルリンパ節生検     522例
(70.9%)
SNL→AX            34例

研究活動

【研究紹介(臨床研究)】
<消化器一般外科>
(1)進行胃癌に対する腹腔鏡下手術と開腹手術の安全性と根治性に関するランダム化Ⅱ/Ⅲ相試験
験。
(2)肛門近傍の下部直腸癌に対する腹腔鏡下手術の前向き第Ⅱ相試験。
(3)膵頭十二指腸切除術後膵液瘻grade Cの危険因子の同定‐前向き観察多施設共同研究。
(4)表面筋電図による安静時嚥下イベント検出プログラムを利用した健常者と嚥下障害患者の比較検討。(明治大学との共同研究)
<心臓血管外科>
(1)心拍動脈下冠状動脈バイパス術(off-pump CABG)の手術成績向上のためには、より良い吻合手術手技が基本となります。当科では術中、冠動脈バイパス流量と波形を測定・評価したり、特殊な超音波血流計で冠動脈の正確な位置を同定するなどさまざまなCABG術式改良の臨床研究をしています。
(2)近年、胸部大動脈瘤の症例数は大幅に増加していますが、術後の「生活の質」を左右する因子として、中枢神経合併症(脳梗塞等)があります。当科では、脳合併症回避を目的として、人工肺補助下の脳循環、脳保護の基礎的研究をしております。また、胸腹部大動脈瘤手術における対麻痺を予防するため、脊髄保護薬の研究も行っております。
(3)心臓血管外科領域の手術では、以前は輸血が不可避でしたが、近年は人工心肺技術の発展で輸血回避が可能な状況となっています。当科では、積極的に術前自己血貯血を行い、さらなる無輸血手術率の向上を目指しており、術前自己血貯血の高齢者での可能性、適正貯血量の決定等の臨床研究をしています。
<呼吸器外科>
(1)臨床応用可能な人工気管開発を目指し動物実験を行っています。従来は気管腫瘍に対する広範囲切除は困難でしたが、われわれの動物実験では特殊な人工気管を移植して長期生存が可能になりました。今後は再生医療技術も導入し、さらに実用化に近づける予定です。
(2)肺癌は病巣からの正確な検体採取が確定診断の基本になります。超音波内視鏡を利用したリンパ節転移診断・超音波画像コンピュータ解析による肺疾患の質的診断、バーチャル気管支鏡によるナビゲーションシステムの可能性検討など、新しい気管支鏡診断技術を研究しています。
(3)肺癌細胞の染色体や遺伝子の解析を行って、治療効果や腫瘍悪性度との関係を研究しています。肺癌の遺伝子異常を分析することで、個々の症例に適した手術方法や、治療薬剤の選択(個別化治療)が可能になると考えています。
<小児外科>
(1)実験胎児治療:近い将来可能と思われる胎児治療の実施に向けて羊胎仔による尿路閉塞の実験系を確立し、胎児の治療を試みています。この実験はオタゴ大学との共同研究で、年数回ニュージーランドで実験を行っています。
(2)横隔膜ヘルニアの研究:依然死亡率の高い重症横隔膜ヘルニアを救命すべく、その発生要因と胎児治療の可能性につき、羊胎仔を用いた実験研究を行っています。
(3)脊髄髄膜瘤モデルを羊胎仔で作成し、再生医療を用いた胎児治療を計画しています。
(4)Hirschsprung病の研究:比較的発生頻度の高いHirschsprung病の病態解明と診断法を中心に、日常遭遇するがんこな便秘症の精査に通ずる臨床研究を行っています。
<乳腺内分泌外科>
当科は国内有数の high volume centerとして、多くの臨床研究を行い医学の進歩に貢献するべく努力を続けています。ここではその一部をご紹介します。
(1) 乳房再建術後の肩関節可動域制限が患者のQOLに及ぼす影響の検討
乳房再建術が保険適応となって以降、急速に症例が増加しています。術後の肩関節可動域の制限について詳細な検討を行い、術後のQOLに及ぼす影響を同定し、将来はそこに介入することで患者さんのQOL向上に寄与すべく研究を行っています。
(2) 化学療法による脱毛の支持療法の評価
抗癌剤による副作用の多くは支持療法の改善により、近年徐々に軽減してきました。
しかし抗癌剤投与に伴う脱毛に関しては現実的で有効な手段がなく、患者さんはつらい思いをされています。われわれは化学療法誘発脱毛を改善する外用剤の主に有効性評価を行い、患者さんのニーズに応える支持療法を作る研究をしています。
(3) ACP(アドバンス・ケア・プランニング)に関する研究
ACPとは「将来の意思決定能力の低下に備えて、患者さんやご家族とケア全体の目標や具体的な治療・療養について話し合う課程(プロセス)」と定義されます。つまり「もしもの時のための話し合い」です。早期発見や新規治療の開発により、以前に比べて多くの乳癌患者さんの命が助かる時代となりました。しかし再発の不安は常に付き纏います。ACPを効果的に行うための研究を行っています。
(4) 医療経済評価に必要な乳癌患者さんのQOLデータベースの構築
高額医薬品の登場で、薬物療法の医療経済評価が行われる時代となりました。しかし、その検討に必要な国内データは非常に乏しい状況です。われわれはこれからの費用対効果分析に必要となる効用値(QOL値)の実証研究を行っています。
(5) 乳癌組織バンクの構築
今後のトランスレーショナルリサーチの充実に向けて乳癌組織のバンキングを行っています。この検体を用いてがん個別化医療の開発を行うことを予定しています。研究の担い手は当科の若手医局員であり、留学を通して手法を学んでいます。
これらの他にも多くの多施設共同研究や治験に積極的に参加しています。一部の研究は当科のスタッフが中心メンバーとして運営しており、世界に向けてエビデンスを発信する努力をしています。

学会、研究会など(国内学会、国際学会)

日本外科学会、日本臨床外科学会、日本心臓外科学会、日本小児外科学会、日本乳腺内分泌学会、日本呼吸器外科学会、各種地方会、マリアンナ医学会、などでその成果を発表している。
大学院生においては研究論文を海外の学会で発表する機会も与えられている。

ホームページ・資料請求・問合せ先

http://www.marianna-u.ac.jp/hospital/sinryou/shinryouka_13.html 消化器一般外科
http://www.marianna-u.ac.jp/hospital/sinryou/shinryouka_14.html 心臓外科
http://www.marianna-u.ac.jp/hospital/sinryou/shinryouka_15.html 呼吸器外科
http://www.marianna-u.ac.jp/hospital/sinryou/shinryouka_16.html 小児外科
http://www.marianna-u.ac.jp/hospital/sinryou/shinryouka_17.html 乳腺外科


講座代表 大坪毅人