リウマチ・膠原病・アレルギー内科

後期研修プログラム


診療部長 川畑仁人

理念・特徴

理念

慢性進行性の多臓器疾患に悩む患者に対し、的確な診断と治療を行い、全人的対応によって継続的に診療できる医師を養成する。

特徴

当科は膠原病とその類縁疾患の診療を行っており、豊富な症例と充実した指導医を備えている。これらの疾患は時に急性憎悪をきたす慢性的な全身多臓器障害が特徴であり、当科で学ぶことにより、専門性だけではなく、全身を診る診療体系、不明熱の診断など内科医としての診断・治療の道筋を学ぶのに適したプライマリケアも同時に研修できる。

研修病院

聖マリアンナ医科大学病院を主体に研修し、時にオプションとして聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、町田市民病院のいずれかで研修を行う。いずれの施設もリウマチ専門医資格を取得するための指定研修施設であり、研修施設については内科専修生の将来像を考慮して決定する。

プログラム責任者・指導医

統括責任者 川畑仁人
指導医   岡崎貴裕

ローテーションプログラム例

到達目標

内科専門医としての臨床技能を習得し、リウマチ専門医を取得する。

一般目標

多種多様な臓器障害を持つ患者を全人的に診療することができる。

行動目標

個々の臓器障害に対し適確な病態診断とその鑑別診断を行うことができる。各病態に対し優先順位をつけて治療方針を決めることができる。
慢性疾患を有す患者を全人的、継続的に診療することができる。

評価

実際の診療で、症例のプレゼンテーションを行い、アセスメントとプランニングを行う事で理解力を評価する。受け持った症例を学会形式で発表し、論文を実際に作成する。

基本手技の取得

関節穿刺:膝関節
関節注入:膝関節注射
腰椎穿刺
静脈ライン
静脈穿刺
中心静脈カテーテル法:内頸アプローチ(超音波ガイド)
中心静脈カテーテル法:大腿アプローチ
動脈血ガスサンプリング
尿道カテーテル法:男性
関節穿刺:膝関節

認定医・専門医の取得

当科では稀な疾患だけでなく様々な病態が研修できるため、比較的容易に専門医などの資格取得が可能です。主たる認定学会としては日本内科学会、日本リウマチ学会、日本アレルギー学会で、現在、内科認定医21名、総合内科専門医11名、内科指導医12名、リウマチ専門医13名、リウマチ指導医8名、アレルギー専門医3名が在籍しており、充実した指導環境が提供されます。

診療実績

平成28年度 特定疾患申請患者数

疾患名

患者数

全身性エリテマトーデス

349

混合性結合組織病

70

多発性筋炎・皮膚筋炎

150

強皮症

133

ベーチェット病

110

悪性関節リウマチ

68

結節性動脈周囲炎

29

高安動脈炎

29

顕微鏡的多発血管炎

64

多発血管性肉芽種症

21

年間約530名の入院があり、外来受診者数は新患3,000名、延べ5万人にのぼり、平成25年度の特定疾患受給者数は1,120名に達した。(上表参照)疾患は多岐にわたり、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、多発性筋炎、血管炎症候群を代表とする膠原病以外にも、抗リン脂質抗体症候群、ベーチェット病、成人スチル病、強直性脊椎炎などの類縁疾患などが含まれる。本領域の症例数は全国的にみても有数である。

研究活動

豊富な症例を対象に多様な臨床研究を行っており、指導医のもとにテーマを決め研究を行い、毎年学会発表、論文発表を行っている。

学会、研究会など(国内学会、国際学会)

リウマチ・膠原病領域では、日本リウマチ学会、日本免疫学会、アメリカリウマチ学会、欧州リウマチ学会などの学会や研究会へ参加。発表については指導医のもと、適切な指導を受けることができる。

進路

大学に教育スタッフとして残る。関連病院でリウマチ専門医や内科専門医として勤務する。あるいは近隣でリウマチ専門クリニック開業など。

ホームページ・資料請求・問合せ先

医局長 山崎宣興
リウマチ内科医局 内線4285