脳神経外科

後期研修プログラム

理念・特徴

理念

初期臨床研修で身につけた基本的な診療能力を土台に、後期臨床研修でより専門性の高い脳神経外科の技能を習得する。

特徴

本学は救急医療が充実しており、救急部と連携して脳血管障害および頭部外傷の治療に力を注いでいます。加えて脳腫瘍の外科的治療、脊椎脊髄疾患の4疾患を柱として、臨床に強い脳神経外科医を育成したいと考えてます。さらに専門分野の細分化とともに、悪性腫瘍の集学的治療、脳血管バイパス術、小児脳神経外科疾患の治療、血管内外科手術、経鼻孔下垂体手術、神経内視鏡手術などの低侵襲治療も積極的に行っています。後期臨床研修は、より専門性の高い基礎・臨床研究を行なう大学院コースと、より専門性の高い臨床技術を身に付けるための臨床系コースに分かれます。大学院コースでは、最初の2年間を脳神経外科医としての基本的な臨床診療能力を修得できるように考慮しています。その後の1年半を基礎系もしくは臨床系の研究に専従する期間として設定しています。その後1年を再度脳神経外科医専門医に向けた臨床診療能力の修得期間としています。研究への専従については日本脳神経外科学会専門医認定制度により容認されており後の専門医取得に遅れが生ずる心配はありません。大学院の研究テーマとしては、iPS細胞を用いた再生医療、中枢神経電気生理学的研究、頭部外傷研究など多彩で、基礎医学との連携で研究を行うなど多様な方法で学位習得を目指します。研究の間も、臨床カンファレンス、及び外来診療などを通じた臨床トレーニングをおろそかにしません。臨床系コースでは、4年間を通して基本的な臨床診療能力の修得を目的としたより専門性の高い臨床に即した研修ができます。其々のコースにおける臨床研修は、基幹施設、連携施設、関連施設(最長1年)の組み合わせで、最初の2年間では基本的な臨床診療能力の修得に努め、臨床後期研修ではより専門分野に即した研修内容を考慮します。また、脳神経外科医としての知識を深め、診療技術の向上を目指す教育の一環として、日本脳神経外科学会、脳神経外科コングレスをなどの学会へ参会を推進します。また、学内の臨床カンファレンスだけでなく、学内外で開催される教育講演や、臨床病理検討会(CPC)、国内外で開催される学会への参加、発表も積極的に行なうよう指導します。本学の研修プログラム全体で年間手術実数1456件あり、腫瘍、血管障害、外傷と幅広く経験を積むことが可能です。学内外からの後期研修医を広く求めております。

研修病院

基幹施設:聖マリアンナ医科大学病院
連携施設:聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、聖マリアンナ医科大学東横病院、
川崎市立多摩病院、横浜市立市民病院、石岡循環器科脳神経外科病院
関連病院:東京慈恵会医科大学附属病院 信州大学医学部附属病院 鹿児島大学病院
東京都立神経病院 横浜労災病院 横浜新都市脳神経外科病院 町田市民病院 国際成育医療研究センター 東京都立小児総合医療センター

プログラム責任者・指導医

統括責任者: 田中雄一郎
指導医:田中雄一郎、大塩恒太郎、伊藤英道、高砂浩史、松森隆史、内田将司、長島梧郎、森嶋啓之、中山博文、榊原陽太郎、中村歩希、小野寺英孝、和久井大輔、小野 元、植田敏浩、吉田泰之、干川芳弘、松澤源志、岡村晶子、工藤 忠、小林博雄

ローテーションプログラム例

研修期間は、大学院コースと臨床系コースに分かれます。(キャリアデザイン参照)。
脳神経外科専門医受験資格要件:
卒後臨床研修2年の後、日本脳神経外科学会認定の専門研修プログラムのもとで通算4年以上所定の研修を経ること(専門医研修中の医師を専攻医と呼称する)。ただし、この間少なくとも3年以上脳神経外科臨床に専従し専門研修基幹施設(以下「基幹施設」という)に6か月以上在籍し、基幹施設および専門研修連携施設(以下「連携施設」という)の通算研修期間を3年以上とすること。
【大学院コース】
以下に、大学院コースにおける基本的な研修スケジュールを示します。

研修内容
7専門医受験
6大学院研究期間/臨床後期研修①
5大学院研究期間
4基本後期研修②
3基本後期研修①

【臨床系コース】研修内容
7専門医受験
6臨床後期研修②
5臨床後期研修①
4基本後期研修②
3基本後期研修①

いずれも脳神経外科専門医を取得するために、必要な疾患や病態を十分理解し,脳神経外科医として基本手術手技や診療技術を身につけておくことが肝要であることから,基本後期研修は2年以上としています。研究期間中も外来診療並びにカンファレンスを通じて臨床訓練を行います。基本後期研修の研修施設は、連携施設にて行い、臨床後期研修期間中、国内関連施設での研修も可能です。
基本後期研修の研修施設は、連携施設より決定し、予め通知致します。

到達目標

後期研修医の目標は、EBMに基づいた脳神経外科治療を実践し、真に社会に認められる自立した脳神経外科医になることです。4年間を通じて、脳神経外科医として診療、検査を的確に判断しdecision makingを行う力を身につけ、更に緊急対応の手術を一人で行うことができるレベルを目指します。加えて、指導医の指導下において難易度の高い症例の治療を経験するとともに、カンファレンス並びに症例の振り返りを通じて、臨床能力の高い脳神経外科専門医を取得することを望みます。

一般目標

日常の診療で頻繁に遭遇する神経学的問題(疾患や外傷)に専門的かつ適切に対応するために、また初期臨床研修医や医学生の教育・指導を行うために、専門的諸能力を習得する。

行動目標

日本脳神経外科学会専攻医の規定に基づく症例経験目標(6基本手技の取得⑥を参照)を経験し、指導医の指導監督を受ける。
筆頭演者として学会(生涯教育クレジット5点以上) で発表2回以上、筆頭著者としての論文(英文和文を問わない。査読付き)採択受理 1編以上行う。

評価

それぞれが設定した研修目標に到達しているかどうか、指導医が評価します。評価は各行動目標の達成の程度を評定尺度によって行います。スケジュールに合わせ、各研修施設の指導医が評価し、それぞれの研修施設において予定の行動目標が達成できたかを確認し、フィードバックします。

基本手技の取得

脳神経疾患別の診療、検査、治療適応を判断と実施(decision making)の力を養い、周術期管理、リハビリテーション、QOLを考えた療養指導について指導医と共に計画し実施する。
また以下の手技を修得する。
1 静脈ルート確保のため、末梢並びに中心静脈カテーテルの挿入
2 気管内挿管や気管切開などの気道確保
3 縫合結紮などの基本的外科手技
4 頭部血管撮影の実施
5 腰椎穿刺、腰椎ドレナージおよびその管理
6 脳神経外科手術における下記の基本的手技について適応の判断と実施。
1. 穿頭術ないし脳室ドレナージ術 術者として10例 およびその管理
2. 水頭症シャント術 術者として10例 及びその管理
3. 開頭血腫除去術、減圧開頭術 術者として10例の実施と管理
4. 指導医による指導の下、顕微鏡下手術の検討、実施、管理 術者として5例、助手として35例

認定医・専門医の取得(平成28年度)

日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中専門医、日本血管内治療専門医
日本神経内視鏡学会認定医、日本がん治療認定医

診療実績

基幹施設と連携施設の合計で原則として以下の手術症例数を有する。
ア 年間500例以上(昨年手術実数 1456)
イ 腫瘍(開頭、経鼻、定位生検を含む)50例以上(昨年手術実数 157)
ウ 血管障害(開頭術、血管内手術を含む)100例以上(昨年手術実数 489)
エ 頭部外傷の開頭術(穿頭術を除く)20例以上(昨年手術実数 71)

研究活動

脳神経外科業績をご覧ください。
http://gyoseki.marianna-u.ac.jp/smuhp/KgApp?courc=140800

学会、研究会など(国内学会、国際学会)

脳神経外科関連主要学会:日本脳神経外科学会、日本脳神経外科コングレス学会、日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、日本脳神経外科学会、日本脳神経血管内治療学会、日本脳腫瘍の外科学会

進路

聖マリアンナ医科大学病院、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、聖マリアンナ医科大学東横病院、川崎市立多摩病院、町田市民病院、横浜市立市民病院、石岡循環器科脳神経外科病院、府中恵仁会病院、横浜新緑病院、川崎第一病院など施設多数。海外留学。

ホームページ・資料請求・問合せ先

ホームページ:http://www.marianna-u.ac.jp/neurosurgery
聖マリアンナ医科大学脳神経外科医局 e-mail: nouge@marianna-u.ac.jp