消化器・肝臓内科

後期研修プログラム

理念・特徴

理念

「技術の習得」と「内科的診療」の両立

特徴

消化器内科の大きな特徴のひとつに、診療領域の広さがあります。臓器としては上・下部消化管、肝臓、胆道、膵臓にわたり、それらの臓器に生じる炎症性疾患、腫瘍性疾患の大部分が扱う対象となります。各臓器の疾患を診断・治療するためには数多くの特徴的な検査・処置が存在します。内視鏡や超音波、X線透視など多様な機器を用いて穿刺、切開などを行う侵襲的検査・治療とともに、血液検査データを吟味し適切な薬物治療を行うなど、多様な技術、能力の習得が必要となります。また実際の診療に際しては消化器のみならず他領域疾患に関連する症状、所見にも多く出会うため、広い知識と的確な診断能力が必要です。また救命のため緊急対応を要する状況に遭遇することが多いのも特徴の一つであり、迅速かつ的確な判断力が要求されます。
当科では、各領域に精通した指導医のもと、高い技術と多角的な診療能力をともに高められる環境を提供します。

研修病院

聖マリアンナ医科大学病院(川崎市宮前区)
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(横浜市旭区)
聖マリアンナ医科大学東横病院(川崎市中原区)
川崎市立多摩病院(川崎市多摩区)

プログラム責任者・指導医

統括責任者:伊東文生
指導医
<大学病院>
安田 宏、山本博幸、松尾康正、山下真行、佐藤義典、清川博史、加藤正樹
松本伸行、松永光太郎、渡邊綱正、池田裕喜、服部伸洋、重福 隆太、
中原一有、路川陽介、森田 亮
<横浜市西部病院>
松田浩二、小澤俊一郎、高橋秀明、野口陽平、田村知大、北川紗里香、川島亜貴世
<東横病院>
中嶋孝司、黄 世揚、堤 俊之、吉田良仁、原 雅樹
<川崎市立多摩病院>
石郷岡晋也、鈴木通博、奥瀬千晃、石井俊哉、平石哲也、中野弘康、末谷敬吾、森田 望

ローテーションプログラム例

1年目・2年目:多摩内科を6ヶ月、消化器・肝臓内科を専修4ヶ月、その他の期間は救命センター研修を含めた内科各領域を受持ち症例集積を念頭に選択し、内科医としての基盤を形成する。ただし、できるだけ早期に専門性を固定したい場合は、内視鏡センター、超音波センター、画像診断センターなどのローテーション(各2ヶ月)を同時期に選択することは可能です。
3年目:大学病院(あるいは他の附属病院)の各診療グループ(消化管、肝、胆膵)をローテーションし、各領域のより高度な診断・治療技術を習得する。

到達目標

消化器を専門領域とする内科医としての基礎の確立

一般目標

(1)内科専門医取得条件の達成
(2)チーム医療を担う医師としての自立
(3)消化器内科医としての基礎的技術の獲得

行動目標

(1)内科専門医資格の取得に十分な内科各領域の症例を受け持ち、広い領域の知識を得る。
(2)必要な情報を収得しカンファレンスでプレゼンテーションし診断、治療方針を決定する。
(3)上級医、他科医師、コメディカルスタッフとコミュニケーションをとり、患者にとってよりよい医療を提供する。
(4)消化管・肝・胆膵各領域の代表的疾患を受持ち、各疾患の全体像が把握できる。
(5)消化器疾患ならびに関連する全身疾患の診断・治療方針立案が自立して行える。
(6)内科医としての基本的手技(中心静脈カテーテル挿入、気管内挿管、胸・腹腔穿刺など)が自ら行える。
(7)消化器領域の基本的検査・治療手技(上・下部内視鏡、経皮的肝生検、内視鏡的止血術、内視鏡的静脈瘤治療など)を主施行医として行える。
(8)より専門的な検査・治療手技(内視鏡的逆行性胆道造影・載石、内視鏡的粘膜剥離術、経皮的ラジオ波焼灼術など)の介助ができる。

評価

(1)全体カンファレンスでの症例提示
(2)各専門領域指導医による代表的疾患理解、基本的手技の達成度評価
(3)通常勤務帯および当直帯での緊急対応に対する監督上級医による評価

基本手技の習得

経鼻胃管
腹腔穿刺

認定医・専門医の取得

日本内科学会認定医・専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医

診療実績(大学病院本院)

・入院病床:60~70床
・内視鏡検査件数:上部約8000件/年、下部約5000件/年
・検査、処置件数(年間)
消化管癌内視鏡治療:食道20~30件、胃約100件、大腸約600件
肝癌治療:150~200件
内視鏡的胆道造影・処置:500~600件

研究活動

1.消化管疾患、肝疾患、胆膵疾患各領域で臨床研究が行われている。
2.基礎研究は診療部長の専門領域である発癌におけるエピジェネティクスを主軸に行っている。
3.トランスレーショナルリサーチとして、ウイルスなどの病原体の分子生物学的解析が通常診療と並行して行われている。

学会、研究会など(国内学会、国際学会)

学内の内科勉強会、日本消化器病学会関東支部例会の専修医セッション、県内で行われる各種研究会などでの発表を登竜門に、意欲や能力に応じて消化器関連の国内・国際学会での発表を積極的に行う。さらに希望があれば、英語論文作成の指導も受けることができる。

進路

・大学院医学研究科に進学して学位を取得する(消化器・肝臓内科、大学内各基礎系教室など)。
・大学病院または分院のスタッフ(教員)として診療、教育、研究に携わる。なお、その過程で各領域のより高い知識、技術を習得するための国内研修(下部内視鏡:秋田赤十字病院、肝疾患:武蔵野赤十字病院、胆膵疾患:仙台市医療センター仙台オープン病院など)も希望できる。

診療科ホームページ・資料請求・問合せ先

聖マリアンナ医科大学 消化器・肝臓内科医局長 渡邊綱正 twatanab@marianna-u.ac.jp