神経内科

後期研修プログラム

理念・特徴

理念

常に幅広い内科学、神経内科学の知識、技能を向上させるべく行動し、社会に貢献できる医師となること、神経疾患を克服する新たな診断、治療技術の発展に資する医師となることを目標とします。

特徴

本プログラムでは、日本神経学会が定めたミニマムリクアイアメントを包括した研修を行い、到達度を評価しつつ神経内科専門医として必要な知識、技術の習得を行います。神経内科病棟は、主治医(准教授、講師)の元に、4~5名の助教、任期付助教がついて班を構成し、脳卒中急性期症例に対応しては、神経超音波診断、脳血管撮影の実地手技をトレーニングし、脳梗塞の超急性期血栓溶解療法についてはすべての班が協力して行います。変性疾患、免疫疾患、感染症などの症例に対しては、その診断治療、筋電図、脳波検査などの訓練を行います。日々のプレゼンテーションと上級医からの質疑、助言を受ける中で、内科的思考過程を鍛錬し、問診と聴診器やハンマーを用いた「素手で戦える」神経内科の能力を向上させます。

研修病院

聖マリアンナ医科大学病院、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、聖マリアンナ医科大学東横病院、川崎市立多摩病院(いずれも神経内科専門医取得のための指定研修施設)

プログラム統括責任者、指導医

統括責任者:長谷川泰弘
指導医:秋山久尚、白石 眞、柳澤俊之

ローテーションプログラム例

個性の異なる4病院(幅広い神経疾患の経験ができる大学病院、西部病院、幅広い内科疾患も経験しつつ専門性を高めることのできる多摩病院、脳血管障害を中心に血管内治療医の訓練も可能な東横病院)で学ぶオーダーメードのローテーション。

到達目標

一般目標

(1)診療を通して、内科学的診断・治療のアプローチを身につける。
(2)頻度の多い神経疾患、神経救急疾患を経験し、その診断治療の初期対応を習得する。
(3)神経難病や障害のある患者の医療を通して、コメディカルと協力して行う多職種医療を経験し、人間的、心理的、社会的側面を全人的にとらえ、適切に解決する能力を身につける。
(4)医療安全、倫理、個人情報保護の概念、医療経済について必要な知識を習得する。

行動目標

(1)神経疾患患者を受け持ち、カンファレンス等でプレゼンテーションする能力を習得する。
(2)神経学的所見をとり、これを正確に記載することができる。
(3)病歴、神経学的所見から病巣、病態を特定していく局所診断学の技術を習得する。
(4)病歴、身体所見からPloblem listを挙げ、これらの評価をもとに検査計画を立てて実行し、上級医の指導、第三者の評価、を真摯に考察し、自己の思考過程を修正していく過程を通じて、思考力、判断力を培っていく態度を身に着ける。
(5)神経疾患に頻用される補助診断(神経生理、神経放射線、神経超音波など)、各種神経学的検査結果の意味を理解し、診断治療に反映出来る。
(6)文献検索結果を自らの思考過程に反映する方法を身に着ける。

評価

日本神経学会が求めるミニマムリクアイアメントについて、その到達度を所定の方法により評価する。

認定医・専門医の取得

日本内科学会内科認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本神経学会神経内科専門医
日本脳卒中学会脳卒中専門医
日本神経生理学会脳波専門医
日本神経生理学会筋電図専門医
ボツリヌス毒素施注医
日本頭痛学会頭痛専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医

診療実績

入院診療:
脳血管障害(脳梗塞、脳出血、一過性脳虚血発作)、パーキンソン病・症候群、類縁疾患、
脊髄小脳変性症、アルツハイマー型認知症、てんかん発作、頭痛、ジストニア、脳腫瘍、
脊髄腫瘍、筋萎縮性側索硬化症、脳炎(含むプリオン病)・髄膜炎、脳膿症、ギランバレー症候群、CIDP、多発性硬化症、重症筋無力症、HTLV-1関連脊髄症、低髄圧症候群、正常圧水頭症、ミトコンドリア脳筋症、内科疾患に伴う神経疾患など
特殊検査、手技:
脳血管撮影、経食道心エコー、筋電図、誘発電位、嚥下機能検査、tPA静注療法、筋生検、神経生検、ボツリヌス毒素療法
検査件数(平成27年度)
頸動脈エコー 241件 経食道心エコー 57件 針筋電図 119件 表面筋電図 24件
反復誘導検査(Harvey-Masland) 43件 体性感覚誘発電位 17件 聴性脳幹反応 15件
視覚誘発電位 10件 瞬目反射 1件 脳波 476件 神経伝達検査 317件
嚥下機能検査 286件* (*:内視鏡検査、嚥下造影検査を含む合計数)

研究活動

主な研究内容
1. 脳梗塞急性期治療法の開発
2. 脳梗塞における血小板凝集能の研究
3. 神経疾患の免疫学的機序に関する研究
4. 神経超音波学的研究
5. 脳卒中医療システム開発に関する研究

学会、研究会など(国内学会、国際学会)

日本内科学会、日本神経学会、日本神経治療学会、日本神経超音波学会、日本脳卒中学会、日本老年医学会、日本神経眼科学会、日本脳循環代謝学会、日本臨床神経生理学会
The Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism、World Stroke Congress、American Academy of Neurology、American Neurological Association、American Stroke Association、European Stoke Conference

進路

大学病院や大学関連の病院、施設で勤務。大学院、海外留学等で更に研鑽を進めることもできます。個々のキャリアデザインに応じた指導、助言、支援を行います。

ホームページ・資料請求・問合せ先

http://www.marianna-neurology.jp/
上記にアクセスして「お問い合わせ」から。