研修医からのメッセージ

ニュース 初期臨床研修

岩武 桜子

学生の臨床実習の頃から上級医の先生方が熱心に指導してくださったことがとても印象深く、初期研修もぜひこの環境で学んでいきたいと強く感じ、母校を研修先に選びました。当直では夜間2次救急だけでなく3次救急を通して、基本的な診察から検査・鑑別診断の組み立て方まで多くのcommonな症例で経験でき、大学病院ならではの珍しい症例や重症例を学ぶ機会も豊富です。
また同期が多く、研修医1年目・2年目の繋がりも強いため、お互い助け合いながら研修をできることが魅力的だと感じています。

和田 圭司

マリアンナの先生はみんな優しい、という患者さんの話を良く耳にします。
その言葉は研修にも反映されており、上級医による丁寧な指導体制のもと一人前の医師として必要な知識・技能・人間性などをバランス良く身につける事が出来ます。
また後期研修においても、当院は既に新専門医制度に則った指導体制が整っており、専門医取得まで充実したサポートを受けられる点も魅力の1つとして挙げられます。

大石 茉耶

「初期臨床研修は地元の大学病院で」という希望もあり、その中で選んだのが聖マリアンナ医科大学でした。私は他大学出身ですが、日々の業務や救急当直を通して二年目の先生方と話すことも多く、縦のつながりを作る機会がしっかりと用意されており、わからないことをすぐに先輩に聞くことが出来るという恵まれた環境で研修出来ていると日々感じています。大学病院でありながら、救急当直では三次救急を、夜間急では様々なcommon diseaseを多く診察することが出来るのもマリアンナの魅力だと思います。

田中 美穂

私が2年間の研修で1番大切だと考えたのは、「医師として大切な知識を学べること」でした。上級医の指導のもとで手技を経験し、自らアセスメントを考え、治療方針をたて、実践し、そして上級医からフィードバックが返ってくる。このような教育指導体制が充実している点こそ、当院の魅力だと研修医になってみて改めて実感しています。
上級医の先生方は母校の先輩ということもあり、時に優しく時に厳しく指導してくださいますし、頼りになる同期達と毎日助け合いながら充実した研修生活を送っています。

奥田 紘隆

私が聖マリアンナ医科大学病院での研修を選んだ理由としては、研修プログラムに魅力を感じたからです。当院での研修プログラムでは、比較的選択度の自由度が高く、将来自分の進路を決めるにあたり非常に適切であり、有意義な研修生活を送れるのではないかと感じました。実際に研修してみて、様々な科をローテーションでき、各科の指導医の先生方も非常に優しく丁寧に接してくれます。二年間を通して、しっかりと自分の将来の医師像を思い浮かべ、考える時間を与えてくれる研修生活がおくれると思います。

與座 直利

1年間研修し、各科の経験豊富な指導医の多さや、患者1人1人に対して様々な意見が飛び交い病態の真相に迫っていくこと、私の考えた評価方針に対しても指導医から細かくフィードバックしていただけるのは大学病院の強みだと実感しております。
たびだひ判断に悩む場面に出くわすことがありますが、相談できる環境が整っており安心して仕事が出来るのも心強いです。
研修前は、研修医の数が多いので手技が回ってこないという心配をしていましたが、現段階ではそのようなことも感じす、指導医の下で正しい手技を学べています。
残りの研修期間も無駄にせず意義のあるものにしていきたいと考えております。

井本 万里子

私は他大学出身ですが、指導医の先生が皆優しく丁寧に指導してくださる、同期と助け合える、先輩方がフォローしてくださる、といった恵まれた環境の中で、のびのびと理想の研修生活を送っています。他にも、月4回の夜間救急当番を通して大学病院でありながらcommon diseaseを多く診察できることや、当直明けの休みが確保されているなど生活面についての制度が整っているところもお勧めです。ぜひ聖マリアンナで研修してみてください。

高城 伸平

研修先を選択するに当たって、研修医の自主性が尊重されるかどうか、どこまで医療に参加できるのかを重要視しておりました。当院では一般的な手技は上級医の指導のもと研修医に経験させる体制であり、また、しっかりとした医学的な考察のもとであれば、処方や点滴類なども自分で選択し投与することができます。当院では研修医という立場であっても自主性次第で自主的に医療なに参加することができるところが魅力だと感じています。

古谷 菜摘

私が聖マリアンナ医科大学病院での研修を選んだポイントは母校であることと学生実習の際に研修医の先生方が上級医の先生から指導を受けている姿を見て、指導体制が充実していると思ったことでした。
研修医になってみると、指導してくださる先生方はとても親身で何でも聞きやすく、多くの貴重な経験をさせていただいています。頼りになる同期も多く、毎日充実した研修ができています。

土橋 瑶子

私は研修先を選ぶにあたって、勉学や手技を学ぶ環境、指導医や同期の存在等を重点に置きました。
聖マリアンナ医科大学病院では普段の業務やセミナーなど常に研修医が学べる環境にあり、特に夜間救急当直は研修医が主体となって診療するので、日中は各科で研修しつつ、当直ではプライマリーな疾患を学ぶことが出来ます。また、指導医の先生も身近であり、同期も多く、1年目、2年目が触れ合う機会が多いので日々支え合っています。より良い医師になるためにみんなで切磋琢磨出来る環境だと思っています。

葵 恵理

私が聖マリアンナ医科大学病院を選んだ理由は、手厚い指導をしていただけることや研修医でも手技をする機会がたくさんあることに惹かれ選びました。

沖野 照仁

私が聖マリアンナ医大病院を選んだ理由はポートフォリオがあるからでした。ポートフォリオでは自分の課題を設定し、その内容を何度も振り返ることができます。何度も振り返ることで臨床医として必要な手技や知識、また何が自分に足りないのか確認できます。
これからの研修医生活を有意義のあるものにしていきたいです。

大湾 美香子

指導してくださる先生方には質問しやすく、些細な事でも教えてくれる環境。
自由度の高いローテーション。出身大学の垣根のない、支え合える仲間たち。
自分の時間も十分作れるので勉強したり、疲れを癒したり。
充実した研修生活が送れます。

山田 善宥

私は耳鼻咽喉科医を目指し、聖マリアンナ医科大学病院での研修プログラムに参加しました。初めは、知り合いがいない中で研修をすることはとても不安でした。しかし、研修医になってから出会った同期や研修先の先生方がとても親切に接してくれて、楽しい研修生活を過ごせました。
私が聖マリアンナ医科大学病院での研修を決めた理由の1つとしてはローテーションを自分で作成できることでした。目指す診療科が決まっている私にとっては、その診療科に関連する科を選び研修することで、多くのことを幅広く学ぶことができました。
また、多彩な地域医療や市中病院をローテーションできることも大きな魅力だと思います。
残り少ない研修生活ですが、日々精進し頑張っていきたいと思います。

川口 拓哉

先生方はとても優しく教育的で、様々な症例、手技を経験できるとても充実した研修環境です。1年目から始まる夜間救急当直では、実際に研修医が問診をとり、上級医のバックアップのもと検査、治療を行うことで多くの症例に触れることが出来ます。初めて自分がファーストタッチで診断した患者の手術に参加させていただいた時はとても感動しました。また私は広報・採用部会に所属していますが、このような研修医が積極的に発言ができる場があるのも、当院の魅力だと思っています。

土井 駿一

聖マリアンナ医科大学病院での研修が良かったと思う点は大学病院であるため指導医が多く丁寧に教えてくださる方が多いこと。3次救急と2次救急を学べること。学会発表・症例報告・抄読会など学術的なチャンスが多いこと。
また、人間関係がギスギスしていないと感じています。(研修医同士も上級医同士も!)
自分のペースで無理なく研修が出来ます。