研修医からのメッセージ

ニュース 初期臨床研修

澤田 真裕

当院は、3次救急に対応している大学病院であり多くの症例を経験することが出来ます。また、上級医・指導医の数が多く、レクチャーが盛んに行われているため、知識を得る機会がたくさんあります。そして、ポートフォリオを活用することで、日々成長を感じることが出来ます。
思いやりの心を持った人が多く、アットホームな雰囲気であることも当院の良さであり、楽しく、充実した研修生活を送ることが出来ると思います。

山田 都

他大学出身の私が研修病院を選択する際に重要視した点は、指導医の先生方が丁寧にご指導くださるか、研修医が協力しあえるか、専門性の高い疾患からcommon diseaseまで診られるかでした。その点で当院は最適で、バランス良く研修出来ます。なにより、悩んだ際にその都度指導医に相談でき、研修医同士で助け合える環境が魅力的です。暖かく迎えてくれた聖マリアンナ医科大学病院で研修出来て幸せに思います。一緒に働ける日をお待ちしております!

岡野 洋平

私が当院で研修することを選んだ理由は、学生時代での病院実習がとてもアットホームな環境で熱心に指導して頂いたということと、当直のシステムが1種類だけではなくCommon Diseaseや様々な疾患を経験することが出来るということです。
研修医同士も仲が良く和気あいあいとした雰囲気で研修生活が送れます。

在原 理瑛

私は東京女子医科大学出身であり、大学病院の研修は内部生が多い印象だったので、他大学の環境に馴染めるか心配でした。
しかし当院の先生方は分け隔てなく接してくださり、また研修医室は1・2年目合同の一部屋で個人の机がなく、皆で同じ机を囲んで過ごすため、学年やローテーション科関係なく日々関わり合うことができます。このように他大学出身者でもチームマリアンナの一員として歓迎してくださる空気感は、当院の大きな魅力です。

遠藤 誠子

私は4月に母校である聖マリアンナ医科大学病院に入職致しました。
学生実習の際に見た先輩方の姿がきっかけで、私は本院での研修を決めました。
先生方は多忙の中でも、患者ファーストの考えを貫きながら充実した表情で生き生きと仕事をされており、更には合間を縫って熱心に学生指導もしてくださいました。
まだまだ未熟者の私ですが、少しでも理想の医師像に近づけるように精進して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

池田 七海

マリアンナには面倒見の良い先生方が多く、学生時代の臨床実習の際に優しく丁寧にご指導いただきました。またマリアンナの明るくアットホームな雰囲気に惹かれ、研修でもそんな環境のもとでご指導いただきたい気持ちが強かったため母校を研修先に選びました。実際に働き始めてからもその印象は変わることなく、日々楽しく研修させていただいています。
是非私たちと一緒に働きましょう!心からお待ちしています。

山本 紗希

私が聖マリアンナ医科大学病院を選んだ理由は、大学病院という専門性が高い環境に加え、地域との連携が非常に緊密である点に魅力を感じたからです。
診療場面では高度な先進医療を身近に感じることができるだけでなく、患者さんと時間をかけて向き合うことができます。
私は金沢医科大学出身ですが、同期の研修医をはじめ、みなさん優しくしていただき、指導医の先生方も熱心に指導してくれます。
皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

佐々木 雅英

学生時代から上級医の先生方には丁寧に指導していただき、近い先輩にはアドバイスや助けを気軽に求める事が出来る環境に魅力を感じ、母校の大学病院で働く事を決意しました。同期も多く、皆で助け合い、励まし合いながら切磋琢磨できる事も魅力の1つだと思います。
本大学病院での研修の特徴として、1年次の早い段階から2次、3次救急での研修を行える事が挙げられます。様々な症例を早くに経験する事は自分のスキルや思考力を鍛えてくれていると思います。

木村 紗衣

研修医にとって一番大切なことは、指導していただくことだと思います。医療の現場は、本やネットでは学ぶことができない業務で溢れているため、どうしても先輩方の経験に頼らざるを得ない場面が多いです。マリアンナでは、どの先生方も熱心に指導してくださいます。また、大学病院という特色上、1・2年目の研修医が多くいるため、お互いに学んだことを共有したり、悩みを相談したりと助け合いながら研修生活を送ることができます。

久保(吉原) 麻梨絵

私が当院を選んだ理由は、母校であることと、全ての科が揃い各専門科に豊富な指導医の先生がいらっしゃる当院で初期研修を行うことで、質の高い指導を受けることができ、自らも学生に医学を教えられる環境が整っているためです。また、2次救急だけでなく、3次救急を通して多くのcommon diseaseを経験でき、大学病院ならではの珍しい症例や重症例を学ぶ機会も豊富です。当直明けの休みが確保されているなど、生活面についての制度も整っているためとてもお勧めです。

見上 豪

私は金沢医科大学出身ですが神奈川県が地元ということと大学病院でありながら専門性の高い疾患からcommon diseaseまで幅広く疾患を診ることが出来るため聖マリアンナ医科大学病院で研修することを選びました。
他大学出身でも不自由なところはなく快適に研修出来ています。Tutor制度も充実しているため、困ったことがあればすぐに相談出来る環境であり、安心して研修生活を過ごすことができます。
ぜひ私達と一緒に働きましょう!心からお待ちしています!

大山 玲子

最近患者さんが「マリアンナは皆さん活気に満ち溢れていて、元気を貰えます」と仰っていました。私も日々そう思います。様々な職種の人が患者さんにとって一番良い医療を提供する、という同じ目的のために働いています。
当院での初期研修は、初めての医療現場で働く私達研修医にとってそんな人々の一員として働くという自覚を持たせてくれるプログラムになっています。2次夜間救急や3次救急の現場では上級医のしっかりした指導のもと、自分で考え行動するための知識やコミュニケーションの取り方、様々な手技を学べ、そこも魅力的だなと思っています。

箕輪 薫瑠子

私が聖マリアンナ医科大学病院を研修病院として選んだ理由は、各専門科の先生が多く、指導体制が充実しているからです。
指導医の先生方は忙しい中でも時間を作って親身になってくださいますし、フィードバックや指導が手厚いです。指導医の先生から、患者さんの病態評価と治療の計画を自ら立案する機会を頂き、受け身にならず研修することができています。また時間は十分にあるので、自分で勉強をしたり、調べたりする時間を取れます。
業務が忙しく調べる時間がないということはありません。同期の人数も多いので、助け合いながら充実した研修ができています。

渡邉 昂大

私が大学病院を選んだ理由は新専門医制度が新たにスタートすることが決まったからです。
従来と異なり、各科の人数制限が設けられると、本来希望する科に進めなくリスクがあります。特に、マイナー科を志望あるいは、少しでも考えている人にとっては大学病院規模での後期研修が必須となる為、初期研修のうちに入局先の雰囲気を見たり、医局員の先生方に顔や名前を覚えてもらうことが大切だと思っています。

伏屋 研二

私が研修先を選択するにあたって重要視したポイントは、幅広い症例を経験出来ること、主体的に医療に参加出来ることです。
当院では、夜間2次救急だけでなく、3次救急を通して、様々な症例の診察から検査、治療までの組み立て方を、上級医と共に学ぶことが出来ます。また、きちんとした根拠があれば、処方や検査を自分で選択し、主体的に医療に参加することが出来ます。
研修医になってみると、指導して下さる先生方は何でも聞きやすく、自分自身成長出来ている実感を得られており、同期の仲間と助け合いながら、楽しい毎日を送れています。

大石 茉耶

「初期臨床研修は地元の大学病院で」という希望もあり、その中で選んだのが聖マリアンナ医科大学でした。私は他大学出身ですが、日々の業務や救急当直を通して二年目の先生方と話すことも多く、縦のつながりを作る機会がしっかりと用意されており、わからないことをすぐに先輩に聞くことが出来るという恵まれた環境で研修出来ていると日々感じています。大学病院でありながら、救急当直では三次救急を、夜間急では様々なcommon diseaseを多く診察することが出来るのもマリアンナの魅力だと思います。

田中 美穂

私が2年間の研修で1番大切だと考えたのは、「医師として大切な知識を学べること」でした。上級医の指導のもとで手技を経験し、自らアセスメントを考え、治療方針をたて、実践し、そして上級医からフィードバックが返ってくる。このような教育指導体制が充実している点こそ、当院の魅力だと研修医になってみて改めて実感しています。
上級医の先生方は母校の先輩ということもあり、時に優しく時に厳しく指導してくださいますし、頼りになる同期達と毎日助け合いながら充実した研修生活を送っています。