理念

初期臨床研修 後期臨床研修

病院理念

生命の尊厳を重んじ、病める人を癒す、愛ある医療を提供します。

基本方針

  1. 心の通い合う安全で良質な医療を提供します。
  2. 人権を尊重し、十分な説明と同意のもとに社会に開かれた医療を行います。
  3. 特定機能病院として高度な医療を提供すると共に、地域の基幹病院としての役割を担います。
  4. 臨床研究を通じて医学・医療の発展に貢献します。
  5. 生命の尊厳とキリスト教の愛の精神を規範とする医療人を育成します。

職員倫理指針

聖マリアンナ医科大学病院は、病院の理念および基本方針に掲げる使命を達成するため、職員が遵守すべき行動の規範を、職員倫理指針として以下に定める。

  1. 生命の尊厳を重んじ、暖かい人間愛をもって患者の心を癒し、苦痛を和らげるよう努めます。
  2. 医療の安全管理に最大の注意を払い、事故発生時は事実を隠すことなく原因を究明し、その再発防止に当たります。
  3. 医療情報を正確かつ適正に記録・管理し、患者の権利とプライバシーを守ります。
  4. 患者への説明と同意に基づく信頼される医療を提供します。
  5. お互いの専門性を尊重し、連携を密にチーム医療を行います。
  6. 病院の公共性を重んじ、法令および諸規則を遵守します。

臨床研修センター理念

理念

医師としての使命感に燃え、優れた臨床技能と熱い情熱・魂を持ち、愛ある医療を実践できる良医を育成する。

基本方針

  1. 日常臨床で頻繁に遭遇する疾患から専門性の高い疾患、救急疾患まで幅広く研修する。
  2. 聖マリアンナ医科大学病院群として、基幹型臨床研修病院、協力型臨床研修施設が密
  3. 接な連携を保ちながら、希望に沿った幅広い研修を行う。
  4. 病院間・診療科間の垣根を越えた、働きやすい環境の元で研修する。
  5. 協力型臨床研修施設がそれぞれ病院の特徴を有効に活用し、研修医のキャリアデザインに合った研修を可能にする。
  6. 最短での学位・専門医の取得を支援する。
  7. 研修医が臨床研修センター運営委員会に積極的に参加し、研修環境や研修内容の改善に努める。
  8. 後期研修を見据えた研修を行う。